ヤマハ、高音質と軽量化を両立したオーバーイヤー型ヘッドホン「HPH-PRO400」、「HPH-PRO300」の新色も

2014.5.29 20:21配信
HPH-PRO400

ヤマハは、オーバーイヤー型ヘッドホンの新製品として、高音質と軽量化を両立し、ポータビリティにすぐれた「HPH-PRO400」と、軽量・コンパクトな「HPH-PRO300」の新色モデルを、6月中旬に販売代理店を通じて発売する。

「HPH-PRO400」は、従来製品「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」の魅力や特長をあわせもつ中位モデルのオーバーイヤー型ヘッドホン。

上位モデル「HPH-PRO500」同様、ネオジムマグネット採用の大口径50mmドライバを搭載。最大出力1000mWの耐入力特性と、十分な音圧を得ることができる22Ωの低インピーダンス設計によって、迫力ある低音やクリアな中音、伸びのある高音を実現し、クリアでスケール感豊かなサウンドを楽しめる。

ハウジングにABS樹脂素材を採用することで289gの軽さを実現し、大口径ドライバ搭載ながら気軽に携帯・装着できる。また、独自の折りたたみ機構によって、左右どちら側からたたんでもイヤーカップ部とイヤーパッド部が重なるので、携帯時に収納しやすく、発音体を保護する。

ケーブルは着脱式で、付属の1.2mケーブルには、iPod/iPhone/iPad対応リモコンマイクを装備。音量調整・選曲・通話モードの切替えなどの操作が手元でできる。

耳全体をすっぽりと覆うオーバーイヤー型で、耳当たりのよいソフトなウレタンイヤーパッドが、心地よい装着感とすぐれた遮音性を実現する。ヘッドバンドはクッション性が高く、サイズ調整ができるので、ほどよいフィット感で音楽を長時間心地よく楽しむことができる。

カラーは、アイボリーホワイト、エボニーブラックの2色。価格はオープンで、税別実勢価格は3万1000円前後の見込み。

「HPH-PRO300」は、小型・軽量ながらクリアで力強いサウンドを実現したオーバーイヤーヘッドホン。新色のアドバンスレッドを追加し、既存のアイボリーホワイト、レーシングブルー、エボニーブラックと合わせて全4色にした。価格はオープンで、税別実勢価格は2万4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング