日立マクセル、使い分けに便利なカセットHDD「iV」にカラーシリーズが登場

2014.5.30 18:2配信
カセットHDD「iV」カラーシリーズ

日立マクセルは、デジタルハイビジョン映像をそのままの画質で録画して、持ち出しができるカセットHDD「iV」のカラーシリーズを6月20日に発売する。

幅8×高さ11cmの手のひらサイズながら、大容量の映像を保存できるカセットHDD。1TBモデルの場合、デジタルハイビジョン画質で最長約800時間録画ができる。コンテンツ保護技術「SAFIA」で、デジタルハイビジョン映像をそのままの画質で録画・ムーブすることができる。

カセットタイプなので、複数の「iV」を使用して、スポーツやドラマなどジャンル別にライブラリを作成したり、家族それぞれが自分専用の「iV」をもったりなどの使い方ができる。今回、使い分けに便利なカラーシリーズを追加する。

価格はオープン。ラインアップと税別価格は、容量1TB「M-VDRS1T.E」のホワイト1巻とブラック1巻が1万3000円前後、ホワイト2巻が2万4000円前後、ミックス3巻(ブルー/マゼンタ/ピンク各1巻)が3万3000円前後、容量500G「BM-VDRS500G.E」のホワイト1巻とブラック1巻が9000円前後、ホワイト2巻が1万7000円前後、ミックス3巻(ブルー/マゼンタ/ピンク各1巻)が2万4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング