【iOS 8/OS X Yosemite】「WWDC」発表多すぎ! 押さえるべきポイントをまとめてみた

世界の注目を集める中ついに開催された、アップルの開発者向けカンファレンス「WWDC」。毎年発表されるさまざまな新OSや新製品、今年の内容は果たして!?

日本時間6月3日午前2時より行われた、アップルの開発者向けカンファレンス「WWDC」。毎年さまざまな新OSや新製品が発表されますが、今年はどうだったでしょうか。WWDC基調講演の様子をご紹介します。

WWDCの基調講演では、毎回アップルの新OSや新製品が発表されます。今年は、春に新MacBook Airが登場したことで、ハードウェアの新製品が発表されるかどうか微妙でしたが、結果として新Mac OS X「Yosemite」と、新iOS「8」、そして開発者向けの開発環境が紹介されました。
 

新Mac OS X。名称は「Yosemite」

Macintoshに採用されているOS、「Mac OS X」。その最新バージョンである「Mac OS X Yosemite(ヨセミテ)」が発表されました。

基本的にはこれまでのMac OS Xを継承していますが、アイコンのデザインおよびフォントが一新されています。今流行りのフラットデザインになっていますね。iOS 7に近づいた印象です。

 

見た目の新機能としては、ダークモードを搭載。ツールバーを従来の半透明ホワイトとダークグレーから選ぶことができます。

 

通知センターもグレードアップしています。これまでの各種アプリ通知に加え、カレンダーやリマインダー、天気、株価などの情報が表示される「Todayビュー」が追加されました。サードパーティのウィジェットを追加することも可能です。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング