オーディオテクニカ、離れた場所でもはっきり聞こえるデジタルワイヤレスステレオスピーカー「AT-SP767TV」

2014.6.3 15:50配信
AT-SP767TV

オーディオテクニカは、「しっかり聞けるを日常に。」をコンセプトに、暮らしのなかのさまざまな問題を解決する「SOUND ASSIST」シリーズの第3世代モデルとして、デジタルワイヤレスステレオスピーカーシステム「AT-SP767TV」を、6月20日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万7000円前後の見込み。

音量を変えることなく、音声やセリフを明瞭に聞こえるようにする「はっきり音」機能を備えたワイヤレスステレオスピーカー。「はっきり音」は2段階切り替えで、効き具合を調整できる。52mmの大口径ステレオスピーカーで、小さな音から大きな音まで、テレビの音を聞き取りやすいクリアな音質で楽しめる。

送信機とスピーカーは、常時通信によって妨害する電波を回避し、最適なチャンネルを自動選択することで、安定した通信を実現する。伝送距離は約30m。

スピーカーはIPX2相当の防滴仕様で、キッチンまわりでも安心して使用できる。また、一定時間テレビからの音声がないか、小さい音の状態が続いた場合に、送信機とスピーカーの電源を自動でオフにする「自動電源オフ」機能を備える。

音声入力端子は直径3.5mmのステレオミニプラグで、ケーブル長は1.5m。内蔵バッテリによる連続使用時間は約15時間で、別売のACアダプタも用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング