パンが光る! 本物のパンを使った照明器具「パンプシェード」のアトリエを訪ねてきた

おいしそうなパンは、見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。そんなパンでなんと照明器具を作っている女性作家がいます。その名も「パンプシェード」。見た目もパンそのもの。ワインのお供にぴったり!? というわけで、アトリエを訪ねてみました。

「モリタ製パン所」工芸作家の森田優希子さん

おいしそうなパンは、見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。そんなパンでなんと照明器具を作っている女性作家がいます。その名も「パンプシェード」。見た目もパンそのもの。ワインのお供にぴったり!? というわけで、アトリエを訪ねてみました。


「パンって、私は『かわいい』と思うんです。食べておいしいのはもちろん、香りもいいし、見ているだけで幸せな気持ちになる。インテリアとして飾っておきたくなる。パン屋さんに入った瞬間の、あのハッピーになる感じ、テンションが上がる感じ、それをお部屋でも楽しんでほしいんです」。

そう語るのはアトリエ「モリタ製パン所」を営む工芸作家の森田優希子さん(28歳)。

森田さんの目の前には、さまざまなパンが並んでいます。フランスパンにクロワッサン、どれもとってもおいしそう。

 

本物のパンでできたインテリアライト。名前は「パンプシェード」

でも、これらのパンは食べることはできません。ここにあるのはなんと、本物のパンを素材とした照明器具なのです。その名も「パン」+「ランプシェード」で「pampshade(パンプシェード)」。スイッチを入れるとほのかに灯りがともり、あたたかい光を放ちます。まるでパンに新たな命が宿ったかのよう。

お値段は電池タイプが3900円〜5500円、コンセントタイプは8900円〜。見た目はパンそのものなので、誰かが触った瞬間にスイッチを入れて光らせ驚かせる“ドッキリ”ができそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント