アップアップガールズ(仮)「昇りつめるっっ!!上々上昇」
「熱い戦いをして、竜のように上昇したいです。他のアイドルのフ
ァンを狩りに行きます。狩りと(仮)を掛けて」(仙石)
「今日もサムライ風の衣装に竜を巻き付けてきました」(佐藤)

 

アイドリング!!!「逆にフレッシュ!!!」
「去年、新メンバーが入ってから初のTIF。平均年齢が下がったフレッシュなライブを見せます」(伊藤)
「結成7年で、TIFにも最初から出てますけど、そこが逆にフレッシュって言われるように」(横山)

各グループの意気込みの後、先に触れた「アイドリング!!!コラボ10連発」という企画が発表。メンバー二人もこの場で知らされたようで「ウチの菊地亜美と(ピュアな)X21がコラボするとか、そんなことがあっていいんですか!?」(横山)、「そういうことをすると、アイドリング!!!は推し変されやすいグループなんですけど、推し増しにしてください。推し変禁止です!(笑)」(伊藤)と場内を笑いに包みながらも、秘かに意欲のほどをにじませた。

さらに、会場に集まった観客から寄せられた「見てみたいコラボ」アンケートの結果を発表。

1つ目に挙がったのが「アップアップガールズ(仮)×Dorothy Little Happy」。「元気で熱いアプガと、しっとりしたドロシーのコラボが見たい」、「ドロシーがアプガの曲を歌うところが見たい」といった理由が挙げられた。

すると、メンバーからも「ウチのメンバーもアプガさんが好きで、楽屋でよく『アッパーカット!』歌ってます」(白戸)、「アプガには華麗に舞う曲がないので、ターンをやってみたい。竜も舞います」(仙石)と乗り気の様子。ちなみに、この2組の競演は昨年の「アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)」という企画で実現しています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます