【食品】定番グッズ満載の韓流グルメフェスタに行ってみた

K-POPに韓国ドラマと、近年日本を席巻している韓流ブームですが、年明け早々、こんなイベントが開催されていました。そこで今回は「韓流グルメフェスタ~韓流グルメ日本一決定戦」の潜入レポートです。

 1月7.8日に代々木公園で行われた、「韓流グルメフェスタ~韓流グルメ日本一決定戦」に行ってまいりました!
この空前のK-POP・新韓流ブームのなか、海外フードものフェスタの聖地・代々木に、ついに韓国が来襲です。
一体どんな雰囲気なんだろう? と思っていたんですが…。

新大久保より女子が少ない!
代わりにカップル、小さい子供連れが多い!
つまり「韓国文化、初心者」が多い!



というわけで、お料理も、かなりスタンダードなものが人気なようでした。

まず、金券を買います(日本一決定戦のカウントのため)。バラでも買えるけど、とりあえず1000円分購入。

なんだかんだで、すごい人出。男子多めな印象。

なにはともあれ、マッコリ(韓国どぶろく)を購入。

チヂミ(韓国お好み焼き)とか、ホットク(韓国お焼き)とか、有名な料理は長蛇の列になっていたので、チャンチグクというにゅうめんを食べました。これがうまし。出汁と麺とトッピングのハーモニー最強!
(後で調べたら、『妻家房』という有名店の出店でした)。

あとはトックを食べましたよ。独特な歯触りのおもちの、食感が気持ちいいのです。

  

代々木公園外周でも、どさくさまぎれに韓国風のカレーとかを出す屋台を発見。ひとつ買ってみましたが、フツーに美味しかったですよ。

すっごく並んでいた、屋台ののぼり。チャプチェ(はるさめ)のホットクって、一体何だ!?(普通はアンコとかハチミツとかチーズとか入っているんですが……)。
変わり種も出しているんですね。

ハンバーガーは、韓国では、「ヘンボゴ」と発音するらしいですよ。

タコヤキ型のチヂミなんていう、変化球もありました。その名も「チヂミました」。



韓国食品も、ざらっと売っていましたよ。

   

 








 
顔パックも激安、1まい50えん!!!!!!!

K-POPグッズも、売っていました。屋台でこうやって売ってると、へんなかんじね。「グンちゃん」て。

 

民族衣装が着れるコーナーも。

   

 








 
韓国式顔ツボマッサージは、同行した友人がやってました。「どうだった?」ときくと、「いや、充分に気持ち良かったよ」とのこと。充分って何だ。

   

 









ステージでは、K-POPアイドルのライブもあり。皆さん、半端ない歓声をあげていらっしゃいました。


というわけで、数時間、寒空の下、フェスを楽しんできたのですが…。
いや、楽しかったんですよ。でも、なんというか、

もっと珍しいものが食べたい!!
珍しいものを、少しづつ、いっぱい食べたい!!
新大久保で見かけるもの以上の食べ物や、雑貨と、出会いたい!!
ステージパフォーマンスも頑張って欲しい!

タイフェスや、ベトナムフェスと比べると、そこの部分が足りないかな~、と思ってしまいました。
でも難しいですよね、新大久保自体が、巨大な韓国テーマパークになっちゃってる昨今、新たな切り口を探すのはなかなか……。

ちなみに今回、大賞をとったのはスンドゥブイジャカヤ食堂ポジャンマチャ上野店の、スンドゥブチゲラーメンだそうです。おめでとうございます!

そして次回の開催も決定されたのだとか(2013年1月12~14日)。
うぬ ~ 来年もやるのね。期待します!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング