玉城裕規が異色の朗読劇『ドグラ・マグラ』に出演

2014.6.9 14:5配信
前列左から、小野賢章、玉城裕規、廣瀬大介。後列左から、桑野晃輔、Kimeru、松本寛也、植田圭輔 前列左から、小野賢章、玉城裕規、廣瀬大介。後列左から、桑野晃輔、Kimeru、松本寛也、植田圭輔

「本格文學朗読劇 極上文學『ドグラ・マグラ』」が6月26日(木)から東京・紀伊國屋ホールで上演される。6月5日、都内で同舞台の初日顔合わせがあり、玉城裕規、廣瀬大介、小野賢章、植田圭輔ら出演者が会見を行った。

『ドグラ・マグラ』 チケット情報

夢野久作の同名小説を朗読劇として上演する同作。精神病院の一室で目覚めたひとりの青年。彼は記憶を完全に失っていた。自分は何者なのか。記憶を取り戻すため様々な資料を読みあさった彼は『ドグラ・マグラ』と題された手記と出会う……。

同作はメインキャストを日替わりで上演。主人公の青年Iを演じる玉城、廣瀬、小野の3人は「絶対に期待を裏切らない作品になると思います。ハードル上げて見に来てください」(玉城)、「精神誠意尽くします」(廣瀬)、「噛まないよう頑張ります」(小野)とそれぞれとコメント。一方、謎の美少女モヨ子役に加え青年Iも演じる植田は「メリハリを利かせて、『ドグラ・マグラ』という世界を楽しみつつ、楽しませたい」と意気込みを語った。

公演は6月26日(木)から29日(日)まで東京・紀伊國屋ホール、7月11日(金)から13日(日)まで東京・紀伊國屋サザンシアターにて。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング