大森南朋が今までにない難役に挑む!

2014.6.9 17:24配信
大森南朋

数々のテレビドラマや映画などで確かな存在感を放ってきた俳優の大森南朋。近年、缶コーヒー“BOSS”のCMを代表するように、どこか“いい人”というイメージの役柄が多かった彼が、最新主演作『捨てがたき人々』では久々に一転ともいうべき危うい男役に挑んだ。

その他の写真

「アシュラ」など賛否ある問題作で知られる漫画家、ジョージ秋山の原作をもとにした本作は、脚本を実の息子である秋山命が手掛け、俳優としても活躍する榊英雄監督が映画化した。聞くと榊監督とは長い付き合いだそうだ。「出会ったのは確か2000年に公開された『忘れられぬ人々』の現場。年齢も近く、馬が合いまして。お互いまだ役者では食べていけてないころ、この業界に人脈を作ろうと関係者を集めての宴会をふたりで企画して開いたりもしました(笑)」。

そういう間柄というのもあって、出演はふたつ返事だったという。「監督と秋山さんからまず会おうと。まだ脚本もない構想の段階でしたが、秋山さんには親父さんの作品を今の時代に届けたい気持ちが、監督には過去の作品とは違う人間の業と欲望に迫る人間ドラマを作りたいという意志が話からひしひしと伝わってきました。僕自身、監督が映画監督を始めたときから、“いつかがっつり組んでみたい”という気持ちもあったので断る理由はなかったです」。

演じたのは社会の底辺で愛など知らずに生きてきた狸穴勇介。作品は、三輪ひとみ演じる京子との出逢いを機に変化する彼の心の遍歴を通し、人間の“性”と“生”の本質を見据える。「体重を5キロほど増やしたりといった下準備は幾つかしたのですが、それよりも人間のむき出しの本能や本性が出せるかどうか。芝居うんぬんではなく、生身の人間になれるかが勝負でした」。

その演技の凄みは観て確認してほしい。ただ、ひとつ言えるのは大森の役者としてのダーク・サイド的魅力が全開で出ている。「三輪さんに暴力をふるうシーンとか演技とはいえ本気でいかないとダメで、良心の呵責にさいなまれるというか。撮影中はずっと嫌な気分で、これほど肉体的にも精神的にも負担の大きい役は今までなかったかもしれないです。最近、こういう汚れ役というか危うさのある人物を演じていなかったので、自分に今こういう役をぶつけてきてくれたことにすごく感謝しています」。

こうして公開を迎えた今こう語る。「インディペンデント体制でスタッフも役者も一丸となって挑んだ作品。ひとりでも多くの人に届いてくれたらうれしいです」。

『捨てがたき人々』
公開中

取材・文・写真:水上賢治

いま人気の動画

     

人気記事ランキング