ハーマン、カナル型の「SYNCHROS E10」などヘッドホン4機種、「JBL」ブランドのエントリシリーズ

2014.6.9 18:1配信
「SYNCHROS E10」(上)と「SYNCHROS E30」

ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドから、「SYNCHROS(シンクロス)シリーズ」のサウンドを継承したエントリ向けの新シリーズ「SYNCHROS Eシリーズ」のヘッドホン新製品として、カナル型の「SYNCHROS E10」とオンイヤー型の「SYNCHROS E30」の2機種を6月中旬に、Bluetooth対応オンイヤー型の「SYNCHROS E40BT」とオーバーイヤー型の「SYNCHROS E50BT」を7月中旬に発売する。

「SYNCHROS Eシリーズ」は、「JBL」ブランドのクオリティにこだわりながら、高いコストパフォーマンスを実現。「iFプロダクトデザインアワード」「レッド・ドットデザインアワード」など、世界的なプロダクトデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザインを採用する。カラーは、ブラック、ホワイト、ブルー、パープル、レッドの5色。

「SYNCHROS E10」と「SYNCHROS E30」は、ケーブルにスマートフォン用のマイクリモコンを備える。

「SYNCHROS E10」は、密閉ダイナミック型のカナルイヤホン。価格はオープンで、税別の実勢価格は3980円前後の見込み。

「SYNCHROS E30」は、密閉ダイナミック型のオンイヤーヘッドホン。価格はオープンで、税別の実勢価格は7980円前後の見込み。

「SYNCHROS E40BT」と「SYNCHROS E50BT」はBluetooth 3.0に対応したワイヤレスヘッドホン。独自の「ShareMe」機能によって、1台のデバイスで再生した音楽を2台のヘッドホンでシェアできる。

「SYNCHROS E40BT」は、密閉ダイナミック型のオンイヤーヘッドホン。価格はオープンで、税別の実勢価格は9980円前後の見込み。

「SYNCHROS E50BT」は、密閉ダイナミック型のオーバーイヤーヘッドホン。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万4800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング