“座布団代わり”なだけじゃない! 実はあなどれない「防災頭巾」の効力を検証

「防災頭巾」の認知度は地域によって偏りがあるのだとか。そこで、どんな歴史で防災頭巾があるのか、そして非常時には本当に役に立つのかどうか、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

防災頭巾には生地や形状の異なった様々な種類がある(提供/国民生活センター「子ども用防災頭巾の安全性レポート」より)

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
横浜育ちなので防災頭巾があるのは常識だったけど、周りに聞くと何それ?という意見が多いです。どんな歴史で防災頭巾があるの?座布団としては非常に優秀ですが実際は役に立つの?(ふなけんさんのキニナル)

 

防災頭巾の認知度は地域によって偏りがあった

横浜で生まれ育った記者が、飲み会で「小学生の頃は男子に交じり、防災頭巾をかぶって剣道ごっこをした」と話したら、「防災頭巾って何?」と関西出身の友人につっこまれ驚いた覚えがある。

椅子取りゲームなどで円になった後、防災頭巾を見比べて自分の椅子を探すのが常識ではなかったか? 編集部のはまっこ三橋も「6年間座布団として使っていたから、いつもぺっちゃんこだった」というように、常に椅子に敷かれているものだと思っていた。

防災頭巾は布の中に綿などのクッション素材を入れ、頭部を守るために被るもの。ヘルメットが普及していない戦中に、防空頭巾として使われるようになったのが始まりだ。

昭和20年の神戸、西宮が舞台の「火垂るの墓」でも節ちゃんが防空頭巾を被っていたが、関西出身の人には馴染みがないようだ。全国でどのくらいの認知度があるのか、神奈川県外出身の知人に電話調査をしてみた。

他県での反応はどうなのだろう。21都道府県28人に聞いてみた。

東京、千葉、埼玉の30代以下の人は、皆使用したことあると回答

回答にはこんなコメントがあった。

鳥取県 20代男性
「鳥取市では各自でおいていましたよ。習字の時間に椅子の上で正座するときを除いて、座布団としての利用は禁止でした。昔、鳥取大火と鳥取大地震があったので、防災意識が高かったです。なんとなくですが空襲の被害を受けた街だと防災頭巾を使ってる気がしますね」

東京都 40代女性
「大地震が来るって話もあって避難訓練で使っていましたね。ウルトラの母みたいな(笑)髪型(ツインテール)をしていると被りにくかったな」

調査した対象者の回答であるので、必ずしもその都道府県全体の認知度とはいえないが、今回はこのような結果となった。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント