クロスリンクマーケティング、ポラロイドの大人向けSIMフリースマートフォン「LINEAGE」発売

2014.6.10 17:45配信
ポラロイドのSIMフリースマートフォン「LINEAGE」

クロスリンクマーケティングは、米ポラロイドのSIMフリースマートフォン「LINEAGE(リネージュ)」を7月2日に発売する。6月10日からビックカメラ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpで予約を受け付ける。税別価格は2万6667円。

発表会で、クロスリンクマーケティングの平石鳳志代表取締役は「子ども向けのSIMフリースマートフォン『PolaSma(ポラスマ)』を発売してから、大人向けの『PolaSma』を発売してほしいという声が上がった。この要望に応えたのが、『LINEAGE』だ。『SIMフリーのスマートフォンといえばポラロイド』といわれるようにしていきたい」と語った。

クロスリンクマーケティングが発売するポラロイドのスマートデバイスは、2013年11月に発売した子ども向けのタブレット端末「Rainbow Pad」、2014年4月に発売した子ども向けのSIMフリースマートフォン「PolaSma」に続く第三弾。「LINEAGE」は、「PolaSma」と同様のスペックを備えたAndroidスマートフォンで、二つのSIMスロットを搭載し、2枚のSIMカードをシーンに応じて音声通話用/データ通信用などで使い分けることができる。

SIMカードは、音声通話用にはドコモ、ソフトバンクの3G回線用SIMカードを、またデータ通信SIMはドコモの3G回線を利用するMVNO事業者のカードが利用できる。スイッチ一つで簡単に回線を切り替えることができる。

「PolaSma」で一番反響が大きく、好評だった液晶ディスプレイは、「LINEAGE」でも同じジャパンディスプレイ製を採用。ジャパンディスプレイのIPS液晶は、薄型・軽量ながらタッチ操作がスムーズで、視野角の広さと色域再現力の高さで、外光下でも見やすい。省電力性にもすぐれ、バッテリ容量は1650mAhながら、Wi-Fi接続時で約40時間連続待受けという必要十分なバッテリ性能に貢献している。

大人向けに発売する「LINEAGE」は、「PolaSma」にプリインストールされていたペアレンタルコントロールアプリなどを外し、プリインストールアプリを最低限に絞って、ユーザー自身がカスタマイズしやすいモデルになった。また、白と黒の背面カバーが付属し、気分によって好きな色に着け替えることができる。

OSにAndroid 4.2、CPUにQuad Core 1.3GHzを採用。無線LANはEEE802.11b/g/n準拠で、テザリング機能を利用できる。インターフェースは、microUSB×1、microSDスロット×1、3.5mmオーディオ出力を備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング