10年後の自分が変わる!? 20代男女が押さえておきたい「5つのトリビア」

それほど私生活に関わりはないけれど、知るとちょっと賢くなった気分になれる「うんちく話」。ですが、それらの大半は納得しながら、ものの数十秒後には忘れている場合がほとんどです。そこで今回は、そんな雑学知識のなかでも特に20代の男女が興味、関心の高いトリビアを集めてみました。

世の中に数え切れぬほど溢れるトリビア。フジテレビ系列・バラエティ番組『トリビアの泉』を筆頭に、聞かせられるとつい「へえ~」「そうなんだ!」と口を揃えてしまう私たち。

たとえばトルコ石はトルコで採れたものではなく、イランやシナイ半島が主な産出地。性別を表す「♂」「♀」のマークは、ギリシャ神話のマルスの持っている槍と盾、ローマ神話のヴィーナスが持つ鏡を記号化したものだって知っていましたか?

それほど私生活に関わりはないけれど、知るとちょっと賢くなった気分になれるうんちく話。ですが、それらの大半は納得しながら、ものの数十秒後には忘れている場合がほとんどです。

そこで今回はそんな雑学知識のなかでも、特に20代の男女が興味、関心の高いトリビアを集めてみました。

 

知っていると得をする!? 20代の男女が押さえておきたいトリビア3つ

まずはライフスタイル、健康に関するこんな雑学知識のご紹介。「20代で健康といわれてもピンと来ない」という人も多いかもしれませんが、頭の片隅に留めておくだけでも30代の過ごし方がだいぶ変わるかも?さっそく見ていきましょう。

●苦いビールが美味しく感じられる年齢がある?

あなたはいつからビールを飲めるようになりましたか?初めての炭酸水が飲みづらかったように、ビールも「こんな苦いものどこが美味しいの?」と思っていた人も少なくないはず。

それでも何度が繰り返して飲むうちに、次第に美味しさを感じられた人も多いでしょう。アサヒビールが20歳以上の男女1万3597人に行った調査によると、そのターニングポイントの年齢は23.7歳なのだそう。

ビールを飲む頻度によっても変わりますが、大半の人が飲み始めて3~4年でホップの苦味を美味しく感じられるのだとか。なんとなくビールに苦手意識を持っている人は、ぜひ“飲める目安”の参考にしてみては?

いま人気の動画

     

人気記事ランキング