チョン・ミョンフン率いるソウル・フィル、大喝采を浴びた昨年5月に続いて早くも再来日

2012.1.12 19:18配信
チョン・ミョンフン チョン・ミョンフン

世界的指揮者チョン・ミョンフン率いるソウル・フィルハーモニー管弦楽団が、1月に来日公演を開催する。

チョン・ミョンフン指揮 ソウル・フィルハーモニー管弦楽団 の公演情報

ソウル・フィルハーモニー管弦楽団は、1948年発足の韓国を代表するオーケストラ。パリ・オペラ座をはじめ、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど世界最高峰の舞台で活躍してきた指揮者チョン・ミョンフンが音楽監督を務め、ヨーロッパ・ツアーなどで成功を収めている。世界で最も長い歴史を持つレコードレーベル「ドイツ・グラモフォン」がアジアのオーケストラとして初の専属契約を結ぶなど、世界的評価も非常に高い。

東日本大震災直後から間もない昨年5月の来日公演は、日本を代表するバイオリニスト庄司紗矢香をソリストに迎え、震災チャリティコンサートとして東京・大阪・富山で開催。演奏前には、震災発生時に日本に滞在していたチョン・ミョンフンが「友人として日本の復興に貢献したい」と挨拶。力強くエネルギッシュな演奏で、会場を温かい感動で包み込んだのは記憶に新しい。

大喝采を浴びた昨年のツアーに続く、今回の日本公演は、1月16日(月)にサントリーホール、1月18日(水)にアクロス福岡シンフォニーホールで開催。ドイツ・グラモフォンからリリースしたアルバムでも取り上げているマーラーの交響曲第1番「巨人」とドビュッシーの交響詩「海」を披露する。チケットは発売中。

◆チョン・ミョンフン指揮 ソウル・フィルハーモニー管弦楽団
 2012年 日本公演スケジュール
[東京公演] 1月16日(月) サントリーホール 大ホール
[福岡公演] 1月18日(水) アクロス福岡 シンフォニーホール

いま人気の動画

     

人気記事ランキング