パナソニック、テレビやレコーダーの番組をスマートフォンなどでリモート視聴するアプリ「Panasonic Media Access」

2014.6.12 14:51配信
リモート視聴用アプリ「Panasonic Media Access」

パナソニックは、対応する液晶テレビ「ビエラ」やレコーダー「ディーガ」で放送中または録画した番組を、スマートフォンやタブレット端末に転送して視聴するリモート視聴用アプリ「Panasonic Media Access(パナソニック メディア アクセス)」の提供を開始した。

放送中の番組や録画した番組を、スマートフォンやタブレット端末を使って、外出先で楽しむことができるアプリ。録画を忘れたときに、外出先でリアルタイムで番組を見たり、録画した連続ドラマを外出先で見たり、また、テレビを置いていない部屋で放送や録画番組を見ることができる。テレビからの転送に対応するのは、「ビエラ」が業界で初めて。

アプリは無料。まずはiOS版を提供する。対応機種は、iOS 7以降を搭載するiPhone/iPod touch/iPad/iPad mini。ビエラ/ディーガとのペアリング(初期設定)が簡単にできるほか、放送・録画番組を見やすく一覧表示したり、録画番組のキーワード検索したりできる。わかりやすいインターフェースで、簡単に見たい番組にアクセスできる。

「ビエラ」の対応機種は、「AX800/AX800Fシリーズ」「AS800シリーズ」「AS650シリーズ」。「ディーガ」の対応機種は、2014年モデル「BXT970/BXT870/BZT665」、2013年モデル「BZT9600/BZT860/BZT760/BWT660/BWT560/BRT260」。なお、「BRT260」はシングルチューナーモデルなので、番組録画中または電源オン時は放送番組/録画番組のリモート視聴はできない。このほかの対応機種についても、録画中などの状態によって、リモート視聴ができない場合がある。

・「Panasonic Media Access」iOS版をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング