ヤマハ 鍵盤ハーモニカ 大人のピアニカ

ヤマハは、鍵盤ハーモニカの新製品としてフル3オクターブで広音域の「ヤマハ 鍵盤ハーモニカ 大人のピアニカ」の販売を6月6日に開始する。カラーがブラックの「P-37EBK」とブラウンの「P-37EBR」を用意。税別の販売価格は1万3000円。初年度の販売台数として、2モデル合わせて4000台を狙う。

落ち着いたカラーの本体に加えて黒色の演奏用パイプなど、細部にまでこだわった飽きのこないシンプルなデザインに仕上げており、アコースティック楽器のあたたかみも感じさせる。これまでヤマハが提供してきたピアニカの特長である、レスポンスのよさ、強弱のコントロールのしやすさをそのままに、低音から高音までバランスのよいまろやかで芯のあるメロウな音色で演奏する曲の幅が広がる。両手演奏など高度な奏法にも適した新形状の吹き口を採用し、本格的に演奏も楽しめる。ヤマハにとって、フル3オクターブの広音域ピアニカは30年ぶり。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます