錯覚の連続! 新感覚パフォーマンスが日本初上陸

2014.6.13 19:25配信
モーションハウス『スキャッタード』 モーションハウス『スキャッタード』

創立25周年を迎えたイギリスのダンスシアターカンパニー「モーションハウス」が、このたび初来日。世界中で喝采を浴びた作品『スキャッタード』が六本木ブルーシアター(東京都)で6月13日に開幕することを受け、前日の12日、同会場で公開リハーサルを行った。

モーションハウス『スキャッタード』チケット情報

『スキャッタード』は、“水”をテーマにダンサーの“パフォーマンス”“映像”“音楽”が融合した新感覚のエンターテインメント。モーションハウスの18番目となる作品で、2009年秋から2011年にかけて世界中で上演。パフォーマーたちのダイナミックなダンスと水面・海中・滝・氷・雪などの美しい映像がリンクした壮大なパフォーマンスが、アメリカ、ヨーロッパで大絶賛された。“驚愕の4200秒”というキャッチコピー通り、まるでCGを駆使した映画を観ているような衝撃が、70分間訪れる。

舞台には、スノーボード・ハーフパイプの斜面のようなセットがあり、そこに映像が映し出される。パフォーマーたちは、高さ3メールほどの斜面をするすると駆け上がり、滑り降り、縦横無尽に動き回る。ぶつかりそうでぶつからないタイミングで数名のパフォーマーが交差しながら、スリリングでアクロバティックなダンスを繰り広げる。水の映像にあわせたパフォーマンスは、まるで水中を泳いでいるような錯覚に陥る。そんな目の前で起こっている演出に驚愕しながらも、水の滴る音が配された音楽に、心地よい安らぎも感じることができる。

今回来日しているメンバーたちは、世界中のツアーにも参加しているいずれも身体能力の高い男女ばかり。コンテンポラリーダンスのパフォーマーを活動のベースに置きながらも、振付家を務める者や、自身のダンスカンパニーを主宰する者、ダンスアワードの受賞歴がある者など、個々でもバラエティに活躍しているパフォーマーが揃った。だからこそ、アスリートのように鍛え上げた全身を使ったダンスは、ダイナミックなだけでなく、しなやかでとても美しく、観る者を魅了する。

モーションハウス『スキャッタード』は、六本木ブルーシアター(東京都)で6月15日(日)まで上演。全5公演。チケットぴあでは当日引換券を各公演の前日まで販売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング