BCN、2012年のデジタル家電市場のトレンドを予測、PCは2ケタ増を維持

2012.1.12 20:25配信

BCNは、1月11日、「2012 どうなるデジタル家電――年末商戦から占う今年の新トレンド」をテーマに記者会見を開催した。全国の家電量販店、ネット販売店の実売データを集計した「BCNランキング」データをもとに、デジタル家電市場の2012年の動きとトレンドを分析した。

●東日本大震災の被災3県で売れるデジタル家電

会見では、冒頭、2011年のデジタル家電市場に大きな傷跡を残した東日本大震災とタイ大洪水のその後の経緯をデータで分析した。

昨年7月24日の地上デジタル放送への移行では、東日本大震災の被害が大きかった岩手・宮城・福島の3県は、完全移行が今年3月末まで延期となった。

被災3県の液晶テレビ、プラズマテレビ、有機ELを合わせた薄型テレビは、台数ベースで前年を下回り、11月は前年同月比27.0%までに落ち込んだ。ところが12月に反転して236.0%まで急上昇。テレビに連動してレコーダーも伸び、12月は225.5%に達した。地デジ特需が売上げを押し上げていることがわかる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング