東芝、テレビの後ろに設置する新コンセプトのサウンドシステム「RSS-AZ77」

2014.6.16 15:45配信
RSS-AZ77

東芝ライフスタイルは、テレビの後方に設置して迫力あるサウンドが楽しめる新しいコンセプトの音響システム「レグザサウンドシステム RSS-AZ77」を、8月下旬に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は3万3000円前後の見込み。

横長バータイプのサウンドシステム。歯切れのよい明瞭な音を鳴らす「高効率サテライトスピーカー」と、迫真の重低音再生で感動を高める「デュアルドライブウーファー」の組み合わせで、パワフルなサウンドが楽しめる。テレビの後方に設置できるので、視聴を妨げない。

サテライトスピーカー用に20W+20W、ウーファー用に40Wの「ハイパワークラスDアンプ」を搭載。さらに、音の広がりや奥行き感を向上する「DTS Studio Sound」を搭載し、映画や音楽を臨場感たっぷりに楽しめる。また、Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレット端末に保存した音楽をワイヤレス再生できる。

サイズは、サテライトスピーカーが幅150.0×高さ95.5×奥行き112.5mm、デュアルドライブウーファーが幅660.0×高さ95.5×奥行き90.0mmで、合計重量は3.7kg。HDMI出力×1、HDMI入力×1を搭載する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング