ドコモ、狭額縁デザイン採用の7インチタブレット端末「AQUOS PAD SH-06F」を6月20日に発売

2014.6.17 16:45配信
ドコモ タブレット AQUOS PAD SH-06F

NTTドコモは、狭額縁デザイン「EDGEST(エッジスト)」を採用したシャープ製7インチタブレット端末「ドコモ タブレット AQUOS PAD SH-06F」を、6月20日に発売する。

フレームを徹底的に細くした「EDGEST」デザインを採用。液晶ディスプレイは、フルHDを超える解像度1200×1920画素で、リアルな映像が画面の外まで溢れるような感覚で楽しめる。7インチ以上のディスプレイを搭載するLTE内蔵のタブレット端末で、世界最軽量の約233gを実現。新書並みのサイズで、手のなかに収まる。

2.3GHzのクアッドコアCPU、有効約800万画素の外側カメラ、有効約210万画素の内側カメラ、Bluetooth 4.0、Wi-Fiテザリング、IPX5/7相当の防水機能などを搭載。高画質な地上デジタル放送を楽しめるフルセグ機能は、データ放送に対応する。卓上ホルダやUSB同軸変換ケーブルが付属し、充電しながら家庭のアンテナケーブルで安定した視聴や録画ができる。OSは、Android 4.4。

スマートフォンのように通話もできる。音質特性にこだわった大型ダイナミックレシーバを備え、音はクリア。Office互換アプリをプリインストールし、Word、Excel、PowerPointの文書を見たり編集したりできるほか、オリジナルアプリ「書(かく)」ノートで、ロック画面や地図にメモができる。サイズは高さ約175.0×幅106.0×厚さ8.4mm。バッテリ容量は4200mAh。カラーはWhite。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング