シャープ、ディスプレイデザインの自由度が飛躍的に向上する「フリーフォームディスプレイ」を開発

2014.6.19 18:48配信
「フリーフォームディスプレイ」の試作品

シャープは、従来のディスプレイ形状の概念を大きく変え、多様なアプリケーションに応じて新しいディスプレイのデザインを提案できる「フリーフォームディスプレイ」を開発した。今後、早期の量産化に向けて取り組む。

スマートフォンやタブレット端末などのディスプレイに搭載している酸化物半導体「IGZO(イグゾー)」技術の応用と、独自の回路設計手法の確立によって、ユーザーからのさまざまな形状ニーズに対応する「フリーフォームディスプレイ」を開発した。

従来のディスプレイは、表示領域の外周部にゲートドライバと呼ばれる駆動用回路を配置するための一定の額縁幅が必要で、四角形状が一般的だった。「フリーフォームディスプレイ」では、ゲートドライバを表示領域内にある画素内に分散して配置することで額縁を極めて細くするとともに、表示領域に合わせた自由な形状のディスプレイを設計することができる。

例えば車載用途では、スピードメーターとその他のモニタを一つのディスプレイに組み合わせたインストルメントパネルができる。また、円形ディスプレイを搭載したウェアラブル機器や、浮遊感のある新しい映像体験ができる大型モニタ・デジタルサイネージなど、デザイン性の高いアプリケーションの創出に貢献する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング