大統領暗殺を描いた『パークランド』を著名人絶賛!

2014.6.20 10:6配信
『パークランド―ケネディ暗殺、真実の4日間』(C)Claire Folger (C)2013 Exclusive Media Entertainment, LLC

ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件を描いた『パークランド―ケネディ暗殺、真実の4日間』が28日(土)より公開される前に、本作をいち早く鑑賞した著名人の絶賛コメントが到着した。

その他の画像

映画は、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、1963年11月22日にテキサス州ダラスでパレード中に銃で狙撃された事件直後から、容疑者オズワルドが埋葬されるまでの4日間を描いた作品で、50年経った今も多くの謎が残る暗殺事件を、当時の映像を織り交ぜながら、大統領や大統領夫人、シークレットサービス、FBI捜査官ら様々な人々の視点から描き、事件の“真実”に迫る。

本作をいち早く観賞した大橋巨泉は「あれから半世紀、今までは俯瞰図で語られて来た事件を、見事な虫瞰図で描いた。構成力と重厚な演技陣に脱帽!」と語り、元航空幕僚長の田母神俊雄は「第35代米国大統領ジョン・F・ケネディ暗殺の裏側。事件直後の人間ドラマ。人々の心の動きを見事に描き出す」と感想を寄せている。また、ジャーナリストの田原総一朗は「凄まじいドキュメント手法に引き込まれ、息つく隙もない時間93分であった。事実だけの積重ねが、それゆえに真実を浮かび上がらせた」、鳥越俊太郎は「J・F・ケネディ大統領暗殺事件が発生したこと、発生するまでは知っている。この映画は暗殺後に何が起きたか、誰もが知らない物語に照点を当てる」と称賛。その他にもデーブ・スペクター、やくみつる、ハルカ・クリスティーン、翻訳家の白石朗らが本作に絶賛コメントを寄せている。

『パークランド―ケネディ暗殺、真実の4日間』
6月28日(土)より公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング