東国原氏が映画『ウルトラマン』で悪役声優に初挑戦!

2012.1.13 11:6配信
『ウルトラマンサーガ』で声優を務める東国原氏とバット星人(C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会

来年の3月に公開されるウルトラマンシリーズ最新映画『ウルトラマンサーガ』で、ウルトラマンの前に立ちはだかるバット星人の声を、元・宮崎県知事の東国原英夫氏が務めることが発表された。

その他の写真

本作は、宇宙からの侵略者・バット星人によって制圧されてしまった地球を救うために、宇宙からやってきた3大ウルトラヒーロー、“ゼロ”“ダイナ”“コスモス”が地球人と力を合わせて平和を取り戻す物語。ウルトラセブンの息子である“ゼロ”に変身する能力を持ちながらも、ヒーローになることを拒絶するという主人公タイガ・ノゾムをDAIGOが演じている。

東国原氏が声を演じるバット星人は最強のウルトラ怪獣ハイパーゼットンを操る悪役。知事時代に本人役で吹き替えを経験してはいるものの、長編映画の声優は初という東国原氏は「今回は憧れのウルトラマンではなく悪役の吹き替えですが、悪役も大事な存在。悪といえども、この地球、社会を征服する意図や、この地球は本当に善なのか? この社会は本当にいいものなのか? という深い問いがある。我々が征服して真の愛・正義・幸福に満ちた地球にしていこう!というのが、私の持っている野望です。愛の溢れる星にしたい!」とコメントしている。

『ウルトラマンサーガ』
3月24日(土)松竹系にて全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング