子どもの予定にあわせて働ける! 子育てママにうれしい「ウッビースタイル」ってどんな会社?

横浜市旭区の南万騎が原駅に、全国のママが作った布製品の販売などを行う「ウッビースタイル」という会社があるという。なんと、社員も子供のスケジュールに合わせて勤務時間を選べるのだとか!? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
南万騎が原駅に全国のママが作った雑貨を販売してくれ、子供のスケジュールに合わせて働けるお店があるって聞いたけど、本当?(かなぶんさんのキニナル)

 

子どものスケジュールに合わせて働けるという、女性だけでなく親にとっては夢のような条件の会社が横浜にあるという。

調査を開始すると、投稿にある通り、相鉄線「南万騎が原(みなみまきがはら)」駅に「Woo-By.Style(ウッビースタイル)」という会社が該当したので、取材を申し込むと、野村美由紀社長が「毎週木曜日に、みなとみらいでイベントをやっているので、そちらに」とのことだったので、早速お伺いすることに。

「社会とママのかかわり」が商材!

対応いただいた野村社長
拡大画像表示

現在31歳の野村社長がウッビースタイルを設立したのは、2008(平成20)年2月。結婚・出産までは会社勤めをしていたが、男性と違って女性は人生のイベントやライフステージに合わせて働き方を変えなければならないということに疑問を持っていたのだという。

そして、自分がその立場になったとき、「社会とかかわる(=仕事をする)時間も、母としての時間も両立できないか」と悩んだ末に、同じく結婚して専業主婦となった友人と2人で起業することを決めた。

 

ママに優しい言葉が並ぶウッビースタイルのホームページ

当時は長女が生まれて1歳にもならなかったころで、デザイン関係の専門学校を卒業し、商品として売り出しても問題がないようなレベルの手芸技術がありながらも、育児に多忙で、それを埋もれさせてしまっている多くの“ママ友”に出会った。そこで、そういった“ママ作家”の作品を集めて販売するサイトを立ち上げた。当時の作家は10人ほどで、半分は兵庫県など全国から集まった。
 

作家さんの自己紹介文も手作り感でいっぱい
拡大画像表示

育児に手がかかる時期の起業で、苦労があったかとたずねると「(起業は)自分にとって大変なことではなかった」と振り返る。というのも、祖父母・両親ともに自営業の家庭で育ったため「大人になったら何かのお店屋さんになる」ことが自然の成り行きだったのだそう。

「ママ作家が作った雑貨のお店」という形で子どものころからの夢を叶えた野村社長。インターネット販売と並行してフリーマーケットに出品しながら直売をしていた。しかし「フリーマーケットでは値段交渉されてしまい、『作品』を売り出す場ではない」と考えて、ハンドメイドの作品を専門に売買する「クラフトマーケット」への出店にシフトしていった。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント