ゲスト声優を担当した(左から)杏、アンジャッシュの児嶋一哉と渡部建

 映画アンパンマン30周年記念作品『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の制作報告会見が10日、東京都内で行われ、ゲスト声優に起用された女優の杏とお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と児嶋一哉が登場した。

 主人公“クルン”の声を担当した杏は、「かわいいキャラクターの声を担当させていただき光栄に思っています」と笑顔で話した。3児の母親である杏は、オファーを聞いた時の感想について「ちょうど子どもたちがアンパンマンにすごく興味を持ち始めた時期だったので、うれしい思いがありました。今回の映画のチラシも、子どもが見て『カカ(母)、カカ(母)』と言って喜んでくれました」と母親の顔をのぞかせた。

 現在、妻の佐々木希が妊娠中で“新米パパ”となる渡部に対し「アドバイスは?」と振られると、「必ず(子どもに)アンパンマンウェーブが来ます。今回アンパンマングッズももらえたりして役得だなって思ったのですが、いっぺんにあげちゃうと『うわ~』ってなっちゃうので、1回のお出掛けに1個という感じで、小出しに渡してあげるといいんじゃないかな」と指南。渡部も「(親として)最高の仕事ですよね。本当にいいアドバイスをいただきました」と笑顔を見せた。

 また、杏がアンパンマンの声を担当している戸田恵子と仲が良いことを明かし、「戸田さんは月1くらいで子どもたちの様子を見に家に来てくれるんです。子どもたちに歌を歌ってくださったり、身内みたいにかわいがってくれるので、子どもたちもメロメロです」とエピソードを披露。戸田と過去に共演歴がある渡部は「うちの子も生まれた時に戸田さんにあやしていただけたらなって思います。お願いしてみようかなあ」ともくろんでいた。

 映画は6月30日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます