バランスがとれた映像のプロジェクター「H6530BD」

日本エイサーは、スタンダードプロジェクター「H6530BD」の販売を5月15日に開始する。バランスのとれた映像パフォーマンスで、エンターテイメントからビジネス用途までどんなシーンでも使いやすいモデルだ。価格はオープンだが、税別の実勢価格は6万円前後。

WUXGA(1920×1200)解像度の大画面スケールで高精細の映像を投写。3500ルーメンの高輝度設計によって、日中の明るい室内でも鮮やかな映像を映し出す。最大コントラスト比10000:1である「Dynamic Blackテクノロジー」の搭載で、暗いシーンでも細かいところまで鮮明に映し出す。フルHDでありながら、120Hzの高リフレッシュレートに対応。スポーツやゲームなど動きの速いシーンでも、細部まで滑らかな映像が楽しめる。

フリッカー現象を抑制し、映画やスポーツ観戦などの長時間視聴にも適している。ブルーライトを軽減する「Acer BluelightShield」の搭載によって、選べる3段階のフィルターで最大30%のブルーライトをカットして目をやさしく守る。このほか、3Wスピーカー内蔵、ひずみの自動補正、使いやすさを追求したポート類、ボタン一つで3D空間への切り替えなども売り。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます