正式リリースした「トリクル」

Spiceは5月11日、東京都内の対象エリアで、専属スタッフが「取りに来る」出品代行サービス「トリクル」を開始した。手数料は30%と高いが、利用者は梱包・発送の負担はなく、家にいながら、手軽に不要品を売ることができる。

「トリクル」は、依頼を受け、専属スタッフが家にある不要品を取りに行き、代わりに出品を行うサービス。本、洋服、家電、コスメなど、売りたいアイテムが何点あっても面倒な梱包・配送は要らない。なお、大型家電や家具、自動車など、一部のアイテムは対象外。

具体的には、「トリクル」のサイト(https://triqul.jp/)の集荷カレンダーから、直近2週間の間で希望の日時を選び、集荷袋をもって訪問したスタッフに売りたい商品を渡す。取引が完了した商品は、販売額から、送料を含めた手数料を差し引いた金額が売り上げとなる。売れなかった場合は買い取るか、処分する。

対象エリアは東京都渋谷区・港区・目黒区・品川区・世田谷区・新宿区で、順次拡大していく。集荷は朝10時~24時。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます