レノボ、4Kディスプレイを搭載した15.6インチのゲーミングノートPC「Lenovo Y50」

2014.6.25 12:13配信
Lenovo Y50

レノボ・ジャパンは、同社初の4K液晶ディスプレイを搭載した15.6インチのゲーミングノートPC「Lenovo Y50」を、6月27日にオンラインショップのレノボ・ショッピングで発売する。税別価格は15万7000円。

CPUにインテルCore i7-4710HQ、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 860Mを採用し、15.6インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度3840×2160)、8GBのメモリ、1TBのHDDと8GBのSSDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×2、電源供給対応USB2.0×1、HDMI出力×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーなどを備える。また、外付けBD(ブルーレイディスク)ドライブが付属する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。

IPS液晶ディスプレイと高速グラフィックスの採用によって、従来機種と比較してグラフィック性能が約40%向上。前面には、出力2WのJBLスピーカー2基と「Dolby Home Theater」を搭載し、ドルビーテクノロジーによって音声の高周波数域を拡張することで音声の歪みを防ぎ、迫力あるサウンドが楽しめる。

バッテリ駆動時間は約4.0時間で、充電時間は約2.5時間。サイズは幅387.0×高さ23.9×奥行き263.4mmで、重さは約2.4kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング