片瀬那奈、速水もこみちが映画『海月姫』に出演

2014.6.25 12:26配信
『海月姫』の出演者

東村アキコの人気コミックを能年玲奈を主演に迎えて実写映画化する『海月姫』に、片瀬那奈、速水もこみち、平泉成、中村倫也、内野謙太が出演することが発表になった。

『海月姫』は、クラゲを愛する主人公・月海(つきみ)を始め、三国志を熱烈に愛する“まやや”、枯れたオジ様専門の“ジジ”ら、男性を必要としない人生を送っているヲタ女子の集まり“尼~ず”が暮す男子禁制の天水館を舞台にした物語。原作コミックは第34回講談社漫画賞少女部門を受賞するなど、高い評価を得ており、2010年にはアニメ化された。実写版では月海を能年が演じるほか、月海や尼~ずと友情関係を築いていく鯉淵蔵之介を菅田将暉が、蔵之介の兄で女性恐怖症で童貞の鯉淵修を長谷川博己が演じる。

尼~ずが暮す地区の再開発を計画しているデベロッパーで稲荷翔子を演じる片瀬は「私が演じる稲荷さんも、尼~ずにとっては本当にイヤな奴ですが、出来るイヤみな女を一生懸命に少々かわいらしく少々ぶっとんで演じたいと思っています」と言い、鯉淵家の運転手・花森よしお役の速水は「花森は、普段は口数が少なく、口が堅い男なのですが、メルセデスベンツの話をされるとついポロッと言ってはいけない事を言ってしまう、そんな面白い一面を持っているので、楽しみながら精一杯演じさせて頂いています」とコメントを寄せている。

また、蔵之介の父親で現職の大臣である鯉淵慶一郎(こいぶちけいいちろう)を平泉が、月海と蔵之介の出会いのきっかけを作る月海の行きつけの熱帯魚店員を中村が、稲荷の部下・柏木(かしわぎ)を内野が演じることも発表された。

『海月姫』
12月 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング