「相棒」オーケストラコンサート、1万人が大満足

2014.6.25 20:19配信
相棒コンサート-響- 相棒コンサート-響-

テレビ朝日の大人気シリーズ「相棒」の名場面がオーケストラとバンドの生演奏で楽しめる「相棒コンサート-響-」が、6月21日・22日の2日間にわたり開催。チケットは両日ともに完売となり、2日で1万人が「相棒」の世界に酔いしれた。

「相棒」は、警視庁「特命係」所属の水谷豊演じる杉下右京と、その相棒(初代・寺脇康文、2代目・及川光博、3代目・成宮寛貴)の2人が、数々の事件を解決する刑事ドラマ。2000年にスタートし、「season12」までの連続ドラマ、劇場版をあわせ、これまでに計234本が制作された。本公演は、これらの中からコンサート用に特別編集された選りすぐりの映像が楽しめる。

本公演の音楽監督・指揮は、相棒のすべての音楽を担当している作曲家・池頼広。2部構成で行われ、第1部は、事件の緊迫シーンをまとめた映像とともに、荘厳な楽曲「die Eule von Minerva (ミネルヴァの梟)」でスタート。観客を瞬く間に「相棒」の世界へ引きずり込んだ。そこから、杉下右京が推理するシーンや激昂する場面、それぞれの相棒とのやりとり、数々の名優たちによる名場面、また爆破、狙撃、乱闘など迫りくる危機などが、スリリングな、また怪しげな楽曲にあわせて次々と披露された。

第2部は、バンド編成によるライブで幕開け。研ナオコがミス・アンルーリー役で劇中披露した「When Love Kills You」などを、シンガーのサシャが歌を担当し、ジャジーなステージで観客を楽しませた。また、「花の里ブルース」は小料理屋「花の里」のシーンとともに、池がベーシストとして参加した「推理」では右京の軽妙な捜査シーンとともに披露された。後半は、再びオーケストラにより、「碑前の復讐(主よ憐れみたまえ)」「魂たちの祈り(神の子羊よ)」など、劇場版の楽曲が演奏された。ソリストのYacchi(ヤッチ)、AIBOU Chior、松原混声合唱団による迫力の歌声が会場に響き渡った。さらに、現在公開中の「相棒 劇場版III -巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」の楽曲も、最新映像とともに披露された。

コンサートのナビゲート映像には杉下右京が登場し、得意のうんちくとともに進行役を務めた。スペシャルゲストとして出演したのは、捜査一課刑事・伊丹憲一役の川原和久、刑事部参事官・中園照生役の小野了。演奏の合間には、池の経歴を尋問風に聞き出したり、「相棒」の撮影秘話やエピソードをユーモアたっぷりに明かした。2人の名場面だけを集めた映像も上映された。さらに、角田課長(山西惇)は、コンサートの諸注意アナウンスで登場。「相棒」の世界が詰まったコンサートとなった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング