相棒役を演じた役所広司(左)と松坂桃李

 映画『孤狼の血』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也、阿部純子と白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏が出席した。

 本作は、昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざがそれぞれの正義と誇りを胸に、生き残りを懸けて戦う様子を描いたハードボイルド作。役所が主人公のベテラン刑事・大上を、松坂がその相棒となる新人刑事・日岡を演じた。

 今年“俳優生活40周年”を迎えた役所は「ギリギリ体力が持ったかな…と。この作品に40年目に出会えてとても幸せでした」と感慨深げにコメントした。

 続けて「さっき松坂くんに『(デビューの)40年後は幾つ?』と聞いたら『60』と言っていた。僕のほうがちょっと上ですね」と笑うと、「松坂くんも40周年のときは、全裸で仕事をしているんじゃないでしょうか」と、公開中の映画『娼年』での“脱ぎっぷり”が話題となっている松坂に向かって冗談を飛ばした。

 すると松坂は「今回、そういうシーンはありませんから!」と慌てた様子を見せて会場の笑いを誘った。

 映画『日本のいちばん長い日』でも共演している2人。改めてお互いの印象を問われた役所は「松坂くんはかっこいいですからね~」と目を細めつつ、「自分の役をラストシーンまで繊細に積み重ねていく、ちゃんとしたプランを持った素晴らしい俳優さん。真っすぐな目の力が、共演者としても頼もしいです」と絶賛した。

 この言葉を受け、松坂は「恐れ多いです」としながらも、「自分が30になる節目で、もう一度役所さんと共演できたことがうれしい。僕の中では忘れられない、すごく特別な作品となりました」としみじみ語った。

 さらに役所に抱く思いを問われると「今回はバディ(相棒)という役柄の関係性もあり、勝手ながら親のような、師匠のような、そして大先輩といった、いろんなものが混ざっていますが、一番感じたのは、やっぱり大きくて、分厚く、そして遠いな…というのは感じました。かけがえのない時間でした」と語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます