ソニー、1秒以下で起動するBDプレーヤー「BDP-S6200」「BDP-S1200」

2014.6.26 17:48配信
BDP-S6200(左)とBDP-S1200

ソニーは、電源を入れてから1秒以下で高速起動するブルーレイディスク(BD)プレーヤー「BDP-S6200」「BDP-S1200」を、7月26日に発売する。

「BDP-S6200」「BDP-S1200」ともに、スタンバイモードを「高速起動モード」に設定することで、本体の電源を入れてから1秒以下の高速起動を実現。従来機種の高速起動モードと比較して約3倍高速化した。また、BDの再生開始までにかかる時間も短縮し、より快適な操作ができる。最大192kHz/24bitのFLAC、WAVなどのハイレゾ音源のファイル再生に対応し、音楽プレーヤーとしても使用できる。

「BDP-S6200」には、BDレコーダーの高画質回路「CREAS5/PRO」に採用した独自の映像階調変換技術「Super Bit Mapping for Video(SBMV)」を搭載。8bit/10bitパネルのテレビでも16bit相当の高い階調で出力し、滑らかな映像表現を実現する。また、デジタル化やデータ圧縮で埋もれてしまったオリジナル映像本来のディテールを忠実に再現する。

さらに「BDP-S6200」は、4Kアップスケールモードを搭載。4K対応テレビと接続し、手持ちのBDやDVDの映像、USBメモリなどに保存した静止画を、より高精細の4K映像にアップスケールして再生できる。このほか、無線LANやインターネット動画、USBメモリの音源を高音質化して再生する機能や、Miracast規格に対応するスマートフォンやタブレット端末などに保存する写真、動画をテレビに転送して映し出すスクリーンミラーリング機能などを搭載する。ブルーレイ3Dの再生にも対応する。

価格はオープンで、税別価格は、「BDP-S6200」が2万円前後、「BDP-S1200」が1万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング