シュワルツェネッガー新作『サボタージュ』映像解禁

2014.6.27 12:36配信
『サボタージュ』 (C)2013 DEA Productions. LLC All Rights Reserved.

アーノルド・シュワルツェネッガーが、『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んだアクション・サスペンス『サボタージュ』の特報映像が公開になった。

特報映像

シュワルツェネッガーが本作で演じるのは、、DEA(麻薬取締局)最強の特殊部隊を率いるリーダー、ジョン・ウォートンだ。彼は麻薬カルテルへの奇襲作戦に成功し、敵を制圧するが、組織の隠し金1000万ドルがこつぜんと消え、ジョンの部下がひとりずつ惨殺されていく。映画は、ジョンが組織だけでなく、チーム内部にも疑いの目を向けながら、迫り来る脅威に立ち向かう姿を描く。

手持ちカメラの荒々しい映像を得意とするエアー監督らしく、このほど公開された映像も、これまでのシュワルツェネッガー映画とは異なる緊迫感に満ちており、DEA最強の9人が次々に破壊行為(サボタージュ)を繰り広げる様は圧巻だ。しかし、映像のラストには「今後のシュワルツェネッガーには“裏”がある」という意味深なコピーが登場。シュワルツェネッガー演じるジョンは屈強なリーダーでありながら、心にトラウマを抱えており善と悪の境界があいまいな人物という設定になっており、ジョンがメンバーを狙う殺人にどう絡んでくるのか気になるところだ。

本作にはシュワルツェネッガーのほかにも『ハッスル&フロウ』『アイアンマン』のテレンス・ハワード、『アバター』のサム・ワーシントンらが出演している。

『サボタージュ』
11月、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング