家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、一眼レフとミラーレス一眼をあわせたレンズ交換型デジタルカメラ(デジタル一眼)のシリーズ別販売台数ランキングの2018年4月の1位は、キヤノンが3月23日に発売した新製品「EOS Kiss M」でシェアは11.6%だった。 一眼レフの「EOS Kiss X9」もシェア10.1%と1位に肉薄。キヤノンからは、トップ10内に、ほかにも「EOS Kiss X9i」「EOS M100」「EOS Kiss X8i」が入った。

カラーバリエーションや付属品の異なる製品を別々にカウントした機種別ランキングでは、「EOS Kiss X9 ダブルズームキット(SSX9BK-WKIT)」がトップ。1位から4位まですべてをキヤノン製品が占めた。

「EOS Kiss M」はミラーレス Kissシリーズとしては初

キヤノンは08年以降、毎年、レンズ交換型デジタルカメラで年間No.1メーカーの座を獲得。現行ラインアップは、Kissブランド初のミラーレス機「EOS Kiss M」をはじめ、スマートフォン、コンパクトデジカメからステップアップするカメラ初心者層から、プロカメラマン・ハイアマチュアのニーズまで幅広くカバーする。

レンズを交換でき、ズームアップや背景をぼかすなど多彩な表現が可能なレンズ交換型デジタルカメラは、イメージセンサと交換レンズを中心としたシステムの充実度が鍵を握る。キヤノンのミラーレス一眼のマウント(EF-Mマウント)は、デジタル一眼レフのEマウントと互換性があり、イメージセンサは約22.3×14.9mmのAPS-Cサイズ。だからこそ、Kissシリーズに加わっても違和感はなく、ついにカテゴリの境界線が溶け合ってきた印象だ。

ちなみに4月は、バリエーションの多い「EOS Kiss M」は、ダブルズームキットのホワイト、同ブラック、EF-M15-45 IS STM レンズキットのブラック、同ホワイト、ダブルレンズキットのホワイト、同ブラック、EF-M18-150 IS STM レンズキットのブラックの順に売れていた。付属レンズ2本のキットはホワイトのほうが人気で、オリンパスのOLYMPUS PENシリーズ同様、女性ユーザーの比率が高そうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます