バナナマン日村『オーヴォ』のアーティストに抜擢?

2014.6.27 17:40配信
バナナマンのふたりと、オーヴォ出演アーティスト バナナマンのふたりと、オーヴォ出演アーティスト

世界的エンターテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユによる『ダイハツ オーヴォ』東京公演が6月29日(日)についにフィナーレを迎える。

『オーヴォ』チケット情報

千秋楽を目前に控えた6月25日の夜公演には、同公演のスペシャルサポーターを務めるバナナマン(設楽統・日村勇紀)のふたりがステージに出演。かねてからシルクの大ファンを公言してきた設楽が「日村さん虫っぽいから大阪公演にアーティスト(出演者)として出してもらえませんかね」とステージへの出演を打診。日村は7月17日(木)に開幕する大阪公演のステージに立つためにアーティストたちへ猛アピールした。

虫の世界を描いたオーヴォのショーへの登場のため、設楽曰く「“虫感”をだすため」日村に手渡されたのは「メスのカブトムシ」の被り物。「日村さんに似ているから」という理由で用意されたその被り物を身に付けた日村は、コミカルな動きでアピールしたり、さらには、「恋するフォーチュンクッキー」を踊ってみたり…。オーヴォのキャラクター(フォーリナー、レディーバグ、マスター・フリッポ)たちとのパフォーマンス対決となるも、会場の爆笑を誘い、すっかり意気投合。これは、もしかしたらオーヴォのアーティストとして認められたのでは? という雰囲気が会場を包む中、オーヴォの演出家であるマリオン氏からの回答は「現時点ではまだNOだけど、とても良かったので、あと3年くらい修業をしたら出演できると思います!」。相方の設楽も「ってことは(大阪公演は)ダメですね!」と、残念ながらバナナマンの願いは叶えられなかった。

「ダイハツ オーヴォ」東京公演はお台場ビッグトップを会場に、これまで45万人以上の観客が来場し、29日(日)をもってフィナーレを迎える。その後、7月17日(木)から10月14日(火)まで大阪・中之島ビッグトップ(特設会場)、11月20日(木)から2015年2月1日(日)まで愛知・名古屋ビッグトップ(ナゴヤドーム北)、2月20日(金)から4月5日(日)まで福岡ビッグトップ(筥崎宮外苑)、4月23日(木)から6月7日(日)まで宮城・仙台ビッグトップ(あすと長町)にて公演。大阪、名古屋公演のチケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング