好きな人とのLINEで避けたほうがいい話題は?

逆に、好きな人に送るLINEでも避けたほうが良い話題も。ついつい送ってしまいそうな話題が多いので注意が必要です。

1: 元カレの愚痴

好きな人とLINEをしていて、元カレの話を聞かれることがあるかもしれません。

元カレの話をしてはいけないというわけではないのですが、元カレの愚痴を言うのはNGです。

聞いている方は、「自分も別れたらこんな風に言われるのか」と不安になりますよね。

もう終わった話に愚痴を言っても意味がありませんから、ひどい別れ方をしたとしても「価値観の違いで別れた」くらいにとどめておいた方がいいでしょう。

2: 暗い身の上話や重い内容の相談

せっかく好きな人とLINEができるようになったのですから、暗い話や重い話をわざわざ持ち出す必要はないでしょう。

急に重い内容のLINEが来たら、彼のテンションが下がってしまいます。

「重い人なのかな」と思われて、その先の関係に発展しない可能性もあります。

LINEに限らず、お互いに深く信頼できるような関係になるまでは、深刻な相談や重い話は避けたほうがいいでしょう。

3: 過去の汚点をあえて晒す必要はない

彼とのLINEのやり取りの中で、「昔の写真見せて」という流れになることもあるでしょう。

このとき、とくに何の問題もなければ写真を見せてもOKです。しかし、過去の自分と今の自分に差があり過ぎる場合は、できれば見せないほうが無難です。

「昔はメイクの仕方がわからなかったから可愛く映っていない」程度ならいいですが、「昔は毎晩派手な格好でクラブ通いしていた」という過去は、彼に「実は軽い女なのか」と思われる危険性があります。

4: 既読無視などの駆け引きはウザいだけ

LINEで既読無視をして、恋愛の駆け引きをしようとする人がいますが、これはやめたほうがいいでしょう。男性にとって、恋愛の駆け引きはただウザいだけ。

「あえて既読無視をして駆け引きをしている」ということが彼にバレてしまったら、不快感すら覚えるでしょう。

当然その先の発展はあり得ません。恋愛の駆け引きを楽しむ男性というのは、恋愛をゲームと考えるような遊び人タイプではないでしょうか。

好きな人に送るLINEは、友達同士のLINEとは違って気を遣うものですよね。

距離を縮めるためには、できるだけLINEで盛り上がりたいというのが女心でしょう。

LINEの話題は、実は探す気になれば身近にたくさんあるものです。

普段から、新しいニュースや面白いことなどを取り入れられるようにアンテナを張っておくといいでしょう。

(ライター/EMILY)

恋学(Koi-Gaku)は、大人の女性の恋愛を応援し、恋を学ぶ情報サイト。恋活・婚活の成功 の秘訣は自分にあう方法を学び恋の仕方を知ること。「恋学」で理想の恋愛を!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます