『渇き。』主演の役所広司「こんなダメ男、初めて」

2014.6.28 18:19配信
(左から)役所広司、小松菜奈、橋本愛

中島哲也監督の最新作『渇き。』公開を記念し28日、東京・TOHOシネマズ日本橋で、中島監督をはじめ、主演の役所広司、共演する小松菜奈、橋本愛、中谷美紀が舞台あいさつを行った。

『渇き。』舞台挨拶その他の写真

“第3回このミステリーがすごい!大賞”を受賞した深町秋生のデビュー作『果てしなき渇き』を映画化。突然、失踪してしまった優等生の娘(小松)を、元刑事の藤島(役所)が捜索するうちに、自分だけが知らない娘の“素顔”に遭遇し、予想不可能な事態に巻き込まれていくバイオレンス・サスペンス。

狂気をエスカレートさせていく父親を演じた役所は「こんなダメ男、初めてです(笑)。でも、迷いはなかったし、バイオレンスの向こうにあるドラマを感じてもらえれば」と新境地に自信をのぞかせる。

『パコと魔法の絵本』以来の役所起用を決めた中島監督は「藤島の暴力性と滑稽さを同時に演じられるのは、役所さんだけ。好感度が下がって、CMが減りそうな役柄ですけど(笑)、ベストだと思い、オファーさせていただいた」と振り返った。

本作でセンセーショナルな映画デビューを飾った小松は「撮影を通して、これからもっといろんな役を演じてみたい。まだ下手くそですけど、頑張っていけたらいいなと思った」と女優業に強い意欲を燃やした。役所が演じた父親像については「こんなお父さん、イヤだな」と本音。所属事務所の先輩である中谷とも初共演を果たし「きれい過ぎて、すっごく緊張した」と明かした。

その中谷は「もう2度と呼ばれないと思っていた」と、『嫌われ松子の一生』以来の中島組に喜びのコメント。橋本は『告白』に続き、中島監督の作品に出演し「あの時は監督からひどいことも言われましたが、役者への愛は大きい監督」とこちらも再タッグに笑顔を見せた。

『渇き。』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング