有機ELレグザの新製品「X920シリーズ」

東芝映像ソリューションは5月8日、12月1日からスタートするBS・110度CSの4K放送を受信できる、日本初となるBS/CS 4Kチューナーを内蔵した液晶テレビ「M520X/BM620Xシリーズ」を6月6日から順次発売し、同じくBS/CS 4Kチューナーを内蔵した有機ELテレビ「X920シリーズ」2機種を7月下旬に発売すると発表した。 画面サイズは、4K液晶レグザ「M520Xシリーズ」は65型、55型、50型、43型、重低音バズーカ液晶レグザ「BM620Xシリーズ」は55型、50型、43型、有機ELレグザ「X920シリーズ」は65型、55型。

日本初のBS/CS 4Kチューナー内蔵4Kテレビ

「M520Xシリーズ」と「BM620Xシリーズ」は、BS/CS 4Kチューナーを内蔵し、テレビだけで12月1日から始まるBS・110度CSの4K放送を楽しむことができる。

また、別売のUSB HDDを接続することで、地上/BS/110度CSデジタルの番組を見ながら、同時刻に放送中の地上/BS/110度CSデジタルの2番組を録画することが可能。さらに、好きなテーマの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」、2番組を同時に表示する「ダブルウィンドウ」、音声で操作できるGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー連携などのスマート機能で、さまざまなスタイルで視聴できる。

両シリーズとも、新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」を搭載し、BS・110度CSの4K放送や地上デジタル放送を高画質に描き出す。加えて、上位機種の「BM620Xシリーズ」は、新開発の「重低音バズーカウーファー」とフロントに配置した「クリアダイレクトスピーカー」を搭載し、映像を迫力ある重低音で楽しめる。

有機ELレグザの新製品「X920シリーズ」も同じくBS/CS 4Kチューナーを内蔵。また、新世代4K有機ELパネルと自社開発の新映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution PRO」を搭載することで、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストでクリアな臨場感あふれる映像美、高精細で緻密な描写を実現した。

番組視聴機能では、オンエア中の番組もボタン1つで最初から楽しめ、放送済みの番組も過去番組表からすぐ再生できる「タイムシフトマシン」に対応。音質面では、新設計の「有機ELレグザオーディオシステム」を搭載し、表現力豊かな高音質で映像世界に没入できる。

なお、3シリーズとも、BS・110度CSの4K放送は、10月以降に提供する「BS/CS 4K視聴チップ」を製品に装着することで視聴可能となる。

価格はすべてオープン。税別の実勢価格は、4K有機テレビ「65X920」が65万円前後、「55X920」が45万円前後、4K液晶テレビ「55BM620X」が21万5000円前後、「50BM620X」が17万5000円前後、「43BM620X」が14万5000円前後、「65M520X」が25万円前後、「55M520X」が20万円前後、「50M520X」が16万円前後、「43M520X」が13万円前後の見込み。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます