「気分を変えたかった」 園子温監督が新作『ヒミズ』に込めた想い

2012.1.13 19:44配信
新作『ヒミズ』が公開になる園子温監督

古谷実の同名コミックを、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』の園子温監督が映画化した『ヒミズ』が公開されるのに際し、園監督がインタビューに応じた。

その他の画像

『ヒミズ』は、“普通に生きる”ことを夢見るも、ある事件を機に心に深い闇を抱え、“普通“から逸脱した行動に出る男子中学生・住田が、と、彼を止めようと奔走する同級生・茶沢の行方を描いた青春ドラマ。

デビュー作以来、数々のオリジナル作品で日本だけでなく世界の映画ファンに衝撃を与えてきた園監督が本作で初めて原作の映画化に挑んだ。「プロデューサーから『原作ものをやらないか?』と言われたときにずいぶんと小説や漫画を読んだけど、どれもピンとこなくて、自分から持っていったのが『ヒミズ』だったんです」。園監督は「なぜ自分が『ヒミズ』を選んだのかよくわからない」と振り返るも、「若者というのは自分の環境に精一杯で、社会を見つめるほどの視野はない。だから、生まれた環境であがいたり抗ったりするわけで、そういうものは時代を超えて存在する部分だと思う」といい「“漫画の実写化”というのはコスプレ状態になりがちだけど、『ヒミズ』であれば、コスプレは必要ないし、原作のそっくりさんを使う必要もないんです」と語る。

その一方で園監督は、原作の持つ精神はブレることなく映画化したという。「2001年に書かれた原作を現在やると“2001年の青春”をコスプレすることになる。原作のスピリットを失わずに描くためには(映画が撮影された)2011年に書き換える必要があったし、その環境として“3.11”を取り入れましたが、“現代の青春映画”を撮ろうとしたらそうなっただけです」。

『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』が立て続けに公開され、高い評価と興行的な成功をおさめた園監督だが、本作では「気分を変えたかった」という。「挑戦的な映画が続いたので、気分を変えたかった。『次はさわやかにいきたい』って言ったらスタッフは愕然としてたけど(笑)、挑戦的ではない分、自分の“ベーシックな部分”が出たかもしれません」。ちなみにここ数作の好評についても園監督は冷静に見ている。「僕は変わったつもりもないんで、単に観客が今の日本映画の流れに飽きただけじゃないかな。だから、これからも観客を意識はしないし、意識したくもない。いつか、みんなの求めてるものとは違う方向に行ってしまうかもしれないけど、それを恐れてはないですね」。

『ヒミズ』
1月14日(土)、新宿バルト9、シネクイントほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング