「CES 2012」レポート 一つのテーマで自社製品を分かりやすく訴える中国勢、革新的な製品も展示

2012.1.13 20:8配信
入口には薄型テレビを設置してスマートフォンやタブレット端末とつながることを表す「SMART」を掲げた

【ラスベガス発】「さまざまな製品を展示しているけれど、何を訴えたいのかがわからない」ということは展示会につきもの。「2012 International CES(CES 2012)」でもそんなブースがいくつかあるが、逆に一つの製品を来場者にわかりやすく訴えていたのが中国メーカーだ。

中国最大手のデジタル家電メーカー、ハイセンスのブースは、薄型テレビで埋め尽くされている。白物家電も扱う同社がテレビをアピールするのは、テレビで世界のメーカーに追いつこうとする意志の現れだ。しかも他社同様、スマートフォンやタブレット端末との連携も強調している。さらには、競合他社の危機感を煽るように、メガネなしで3D映像を楽しめる56型の3Dテレビも発表している。

ファーウェイは、今回、スマートフォンやルータなどの通信機器に絞って製品を展示。「CES 2012」開幕前日の記者会見で発表した世界最薄、厚さ6.68mmのAndroid 4.0を搭載したスマートフォン「Ascend P1 S」をメインに展示していた。

大手スマートフォン端末メーカーがCESのメイン会場「セントラル・ホール」にブースを構えていたのに対して、ファーウェイのブースは「サウス・ホール」の奥まった場所にある。それでも多く来場者が訪れていた。

中国の白物家電大手メーカー、ハイアールは、テレビを前面的に押し出したブースに仕上げていた。同社は「クラウド・リビング」というテーマを掲げ、洗濯機やPC、そのほかの家庭内機器を制御するリモート機器の中心にテレビを据えている。また、ユーザーが脳波でテレビをコントロールする開発中の製品を展示していた。

中国勢には、韓国勢と同程度の勢いがある。同じアジア勢として、日本の家電メーカーの奮闘にも期待したい。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング