シャープの「GALAPAGOS STORE」、ウェブブラウザで電子書籍を閲覧、専用アプリ不要

2014.7.1 18:6配信
「ブラウザビューア」のイメージ

シャープの電子コンテンツストアサービス「GALAPAGOS STORE」は、6月30日、電子書籍がウェブブラウザで閲覧できる「ブラウザビューア」の対応を開始した。一部の電子書籍の「試し読み」機能から対応を開始し、順次、電子書籍の閲覧まで対応範囲を拡大する。

シャープが開発した次世代のウェブ技術「HTML5」を活用したソリューション「ブラウザビューア」によって、専用のアプリケーションを使わずに汎用のウェブブラウザだけでストアサービスの電子書籍が閲覧できる環境を実現した。タブレット端末やスマートフォンなどに専用アプリをダウンロードする必要がなく、汎用のウェブブラウザで電子書籍の検索・購入から閲覧まで対応する。

書籍やコミック、雑誌など複数のコンテンツのなかから読みたいコンテンツの表紙を選ぶと、すぐに内容を表示する新しいユーザーインターフェースを導入。書店の本棚から次々と手に取る感覚で、手軽にコンテンツが楽しめる。

対応ブラウザと端末は、Internet Explorer 9.0以上/Firefox/Google Chromeを搭載するWindows PC、Safari/Firefox/Google Chromeを搭載するMac、Safari/Google Chromeを搭載するiPad、iPhone、iPod touch、端末の標準ブラウザ/Google Chromeを搭載するAndroid搭載端末。主要電子書籍フォーマットに対応し、ウェブブラウザがあれば、どの端末でも手軽に利用できる。

7月31日まで、「ブラウザビューア」の特徴を手軽に体験できる「特集コーナー」を新設。合計243冊の無料読み放題と試し読み増量キャンペーン、購入金額の30%をポイント還元するキャンペーンを実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング