C・イーストウッド監督最新作の予告編が公開

2014.7.3 12:26配信
『ジャージー・ボーイズ』撮影中のクリント・イーストウッド監督 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

クリント・イーストウッド監督の最新作『ジャージー・ボーイズ』の予告編映像が公開された。ニュージャージーの若者たちで結成された音楽グループ“ザ・フォー・シーズンズ”のナンバーにのせて若者たちの夢や成功への道のりと挫折や裏切りが描かれるドラマティックな映像だ。

予告編映像

本作は、ブロードウェイでロングランを続けているミュージカルを題材にした作品で、4人の若者が音楽グループを結成し、栄光と挫折を経験するヒューマンドラマで実話が基になっている。このほど公開された予告編は、成功するには軍人か、ギャングかスターになるしかない街ニュージャージーで育った若者たちが、新ヴォーカルのフランキーと出会い、ザ・フォー・シーズンズを結成する場面から始まる。圧倒的な歌唱力と魅力をそなえたフランキーの歌声は大反響をよび、グループは駆け足でスターの座につくが、やがてグループ内では裏切りやトラブルが多発。若者たちは挫折を経験する。

映画にはメンバーのフランキー・ヴァリとボブ・ゴーディオが製作総指揮として参加しており、登場する音楽や美術、衣裳なども彼らが活躍した1960年代を再現。劇中には名曲『君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)』の誕生秘話も描かれるという。

「ザ・フォー・シーズンズの音楽は昔からとても好きだった」というイーストウッド監督は「私が興味をもったのは、最高の環境で育ったとは決して言えない、半分不良みたいな若者たちがどうやって成功したのか、という点。彼らはギャングのそばで育ち、ケチな犯罪などもやっていた。刑務所に入った者さえいた。だが、その後、音楽が彼らをそこから引っ張り出したんだ。この映画を観終わった人々は、きっと歌を口ずさみながら映画館から出てくる。それだけでなく、彼らの歌がどこから生まれたかという背景を楽しみながら知ってほしいし、そのレガシーが今でもしっかり伝わってくる4人の若者のことを覚えていてほしいね」とコメントしている。

『ジャージー・ボーイズ』
9月27日(土) 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング