ラトックシステム、有線LANのWi-Fi化やデータ保存に対応するルータ「REX-WIFIMSD1シリーズ」、バッテリを搭載

2014.7.3 18:22配信
REX-WIFIMSD1シリーズ

ラトックシステムは、ビジネスホテルなどにある有線LANをWi-Fi化する多機能ポケットルータ「REX-WIFIMSD1シリーズ」を、7月中旬に発売する。

LANポートにつなぐだけで、Wi-Fiスポットとして使用できるWi-Fiルータ。本体にバッテリを備えているので外部電源は不要で、スマートフォンの充電もできる。バッテリ容量5200mAhの「REX-WIFIMSD1-52」、2600mAhの「REX-WIFIMSD1-26」をラインアップする。専用アプリ「WiConnect」を起動して本体のQRコードを読み取り、メッセージに沿って簡単 にWi-Fi設定ができる。

本体にmicro SDカードやUSBメモリ、USB接続のHDDを装着し、スマートフォンのデータを保存することができる。専用アプリ「WiDrawer(ワイドロワー)」を使って、Wi-Fiストレージやローカルフォルダに保存したファイルの閲覧や読み書き、アドレス帳バックアップなどができる。

iOS 4.0以降を搭載するiPhone/iPad/iPad Air/iPad mini/iPod touch、Android 2.3以降を搭載するスマートフォン/タブレット端末、Kindle Fire、Windows 8.1/8/7/Vista/XPを搭載するWindows PC、Mac OS 10.6以降を搭載するMacに対応する。

サイズは、「REX-WIFIMSD1-52」が約73×70×23mmで、重さは約149g。「REX-WIFIMSD1-26」が約73×53×23mmで、重さは約90g。価格はオープンで、直販サイトのRATOC Directでの税込み価格は、「REX-WIFIMSD1-52」が7980円、「REX-WIFIMSD1-26」が5980円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング