日本エイサー、「データ復旧安心サービス」が付属するデスクトップPC「ATC605-A54D」など3機種

2014.7.4 13:17配信
「ATC605-A54D」(左)と「AXC605-A34D/AXC603-A12D」

日本エイサーは、デスクトップPCの新製品として、「Aspire Tシリーズ」の「ATC605-A54D」を7月18日に、「Aspire Xシリーズ」の「AXC605-A34D」と「AXC603-A12D」を7月4日に発売する。

「データ復旧安心サービス」が標準で付属するデスクトップPC。購入日から1年間、論理障害時1回と物理障害時1回の計2回、無料でデータを復旧できる。

「ATC605-A54D」は、CPUにインテルCore i5-4460を採用し、4GBのメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。インターフェースは、USB3.0×2、HDMI出力(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードリーダーなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。

PCI Express 3.0スロット×1基を搭載し、グラフィックス性能や機能の拡張ができる。価格はオープンで、税別の実勢価格は6万9000円前後の見込み。

「AXC605-A34D」と「AXC603-A12D」は、4GBのメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。横幅100mmの省スペース設計で、スペースにゆとりのない場所にもすっきり収まる。

「AXC605-A34D」は、CPUにインテルCore i3-4150を採用する。インターフェースは、USB3.0×2、HDMI出力(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードリーダーなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。価格はオープンで、税別の実勢価格は6万円前後の見込み。

「AXC603-A12D」は、CPUにインテルCeleron J1900を採用する。インターフェースは、USB2.0×2、HDMI出力(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードリーダーなどを備える。OSはWindows 8.1 with Bing 64ビット。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング