JAL、国内線航空機内でのインターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」、7月23日スタート

2014.7.4 13:22配信
「JAL SKY Wi-Fi」のロゴ

JALは、日本の国内線初の機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を、東京(羽田)-大阪(伊丹)線、羽田-福岡線、羽田-函館線の一部の新仕様機材「JAL SKY NEXT」運航便に導入する。7月23日から。

米gogoの衛星接続サービスを利用し、日本の国内線で初めて機内インターネットサービスを提供。ユーザーの無線LAN対応端末から、インターネット、Eメールなどが利用できる。税込み料金は、時間制プランが30分400円。時間制限がない1フライト料金「フライトプラン」は、450マイル以下(羽田-伊丹ほか)がスマートフォン、タブレット/ノートPCともに500円、451~650マイル(羽田-福岡ほか)のスマートフォンが500円、タブレット/ノートPCが700円。651マイル以上(羽田-那覇ほか)のスマートフォンが700円、タブレット/ノートPCが1200円。すべてクレジットカードで決済する。

機内では、Wi-Fiを利用して無料でエンタテインメントを提供。手持ちのスマートフォン、タブレット端末、ノートPCなどの無線LAN対応の端末を使って、ビジネス番組などの映像コンテンツ、JTBパブリッシングの観光地情報『SKYるるぶ』などを無料で閲覧できる。サービス開始時点で四つの番組を提供し、今後は、番組内容・番組数の充実を図る。

「JAL SKY Wi-Fi」サービスは通信衛星を介して提供することから、動画再生など、通信容量の大きなデータのやり取りには適していない。また、一定の通信速度を確保するために、同時に接続できる端末数を制限した状態でサービスを開始する。サービス開始後、ユーザーの利用状況を検証し、より多くのユーザーが快適に利用できるように改善していく。

7月23日21時頃から、JALホームページの「予約・空席照会」画面で、「JAL SKY Wi-Fi」に対応する「JAL SKY NEXT」運航便の照会ができるようになる。対象便には、ロゴを明記する。JALは、今後、2016年度にかけて、国内線のボーイング777/767/737型機、合計77機を順次改修し、「JAL SKY Wi-Fi」対応便を拡大する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング