キヤノン、ミラーレス一眼「EOS M2」に新色ベイブルーとレッドを追加、新レンズキットも

2014.7.4 17:47配信
「EOS M2」の新色ベイブルー(左)とレッド

キヤノンマーケティングジャパンは、ミラーレス一眼カメラ「EOS M2」の新色「ベイブルー」と「レッド」を8月上旬に、標準と望遠の2本のズームレンズを付属した新レンズキット「EOS M2・ダブルズームキット」を8月下旬に発売する。価格はオープン。

「EOS M2」は、APS-Cサイズで約1800万画素のCMOSセンサと、映像エンジン「DIGIC 5」を搭載し、「EOSシリーズ」に匹敵する高画質を実現する小型・軽量のミラーレスカメラ。既存のブラックとホワイトに、従来機種で好評だった「ベイブルー」と、EOSシリーズにこれまでなかった鮮やかな「レッド」を8月上旬に追加する。レンズキットのキヤノンオンラインショップでの税別価格は、「EOS M2・EF-M18-55 IS STMレンズキット」が8万762円、「EOS M2・ダブルレンズキット」が9万9810円、「EOS M2・トリプルレンズキット」が12万8381円。

8月下旬には、新レンズキット「EOS M2・ダブルズームキット」を発売する。2012年9月に発売した標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、14年7月10日発売の望遠ズームレンズ「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」の2本が付属する。2種類のレンズで、35mmフィルム換算で28.8~320mm相当の幅広い画角をカバーする。キヤノンオンラインショップでの税別価格は10万9800円。

新レンズキット「EOS M2・ダブルズームキット」購入者を対象に、8月下旬の発売日から10月13日まで、応募者全員に「マウントアダプター EF-EOS M」をプレゼントするキャンペーンを実施する。「マウントアダプター EF-EOS M」を装着することで、専用の「EF-M」レンズだけでなく、60種以上の豊富なEFレンズが使用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング