井上真央、七夕の願いごとは「晴れ女になりたい…」

2014.7.5 19:13配信
井上真央

女優の井上真央が5日、都内で行われた『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い』の初日舞台あいさつに登壇した。声優初挑戦で新キャラクター“りんごぼうや”を演じ「自分が一番興奮している」。七夕の願いごとを聞かれると「晴れ女になりたい」と答え、「ここぞという日はいつも雨なんです。今日もやっぱり雨が降っていて、これも自分のせいなのかなって…」と話していた。

初日舞台挨拶その他の写真

故やなせたかし氏原作の人気アニメシリーズ劇場版第26弾となる本作。やなせ氏が最後に手がけた原案作で、東日本大震災発生後に取り組んだ復興三部作のラストを飾る。世界中にリンゴを植えるために旅する、元気いっぱいの男の子・りんごぼうやが、大好きな故郷を守るため“魔法の種”を探す大冒険に出かける。

「やなせ先生の思いがいっぱいこもった、メッセージ性の強い作品。全国の子どもたちに届けられれば」と井上。「アンパンマンのチームは本当に仲がいいので、そのなかに私も入ることができて、とても嬉しく思っています」と喜びを語った。

初日舞台あいさつには井上をはじめ、アンパンマンの声を務める戸田恵子、ばいきんまん役の中尾隆聖、りんごを毒入りにしてしまう魔女・マジョーラを演じる岡田圭右(ますだおかだ)、主題歌を歌うドリーミングが登壇した。

戸田は「今日ほど先生を近くに感じる日はない」としみじみ語り、「復興三部作の最後の作品で、原点回帰。真のヒーローとは何か優しく問いかけている。これからも先生の思いを届け続けたい」と決意新た。一方、ゲスト声優の岡田は「これほど家族に喜ばれた仕事は初めて。人生の集大成です」と大喜び。それでも「今は補欠ですが、これからは一軍レギュラーを目指したい」と欲を出していた。

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング