神田沙也加登壇『アナ雪』イベント

2014.7.7 13:3配信
神田沙也加

興行収入242億円を突破し、今なお勢いの衰えない大ヒットミュージカルアニメ『アナと雪の女王』。MovieNEXリリースを間近に控えた6日、都内の恵比寿ガーデンホールにて「七夕イヴ スペシャル・イベント」が開催され、日本語版アナ役の神田沙也加らが登場。抽選に当たったファン1000人らと交流した。

その他の写真

アナやエルサの衣装を着たチビッ子連れの家族はもちろん、カップルや、子どもに負けじとアナになりきった大人の女性の姿も見られるなど、会場は熱気ムンムン。そこに、神田をはじめ、ハンス役の津田英祐、クリストフ役の原慎一郎、子ども時代のアナ役の諸星すみれ、幼いアナ役の稲葉葉月が現れ、ファンと共にトークやクイズ、合唱を楽しんだ。

クイズにはMovieNEXの特典に収められた、アナとエルサとの未公開場面を当てるものもあり、答えと同時にスクリーンに未公開映像が流れると神田も大興奮。映像と英語のセリフを聞き終え、「声をあてなきゃいけない気分になっちゃいました」と目を輝かせる一幕も。

さらに「この作品であらゆることが変わりました。アナと声を掛けられることも多くてうれしいです」と話した神田は、七夕にちなみ、ゲストが短冊に書いた願いごとを披露した際にも、「また、アナとして話す機会がありますように」との思いを読み上げた。

また津田は登場するや司会から「ハンス王子そのまま!」と言われ、「服装だけでも頑張ってみました」と爽やかにあいさつ。原も「僕とすごく(クリストフが)似ていると思いました」とコメントして笑いを誘った。仲良く談笑していたゲストの5人。津田が「3世代のアナが話してる!」と感想を漏らすと、神田からは「3“世代”って止めて!」と即座にツッコミが入っていた。

最後はゲストとファンとが全員で「生まれてはじめて」を大合唱。感無量といった表情を見せていた神田は「こんなに大勢で歌えて感動しました。ひとりじゃないと思いました」と結び、ファンに大きく手を振りながら、名残惜しそうにステージを後にした。

『アナと雪の女王』
7月16日(水)にMovieNEXが発売、ブルーレイ&DVD同日レンタル開始
オンデマンドは7月9日(水)に先行配信スタート

取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング