ドコモ、新料金プランの基本プラン契約数が500万を突破、記念LINEスタンプを配信

2014.7.7 19:33配信
約1か月で新料金プラン数(基本プラン)の契約は500万を突破した

NTTドコモは、6月1日から提供している新料金プラン「カケホーダイプラン&パケあえる」の基本プラン「カケホーダイプラン/データプラン/デバイスプラス」の契約数が、7月5日に500万件を突破したと発表した。

「カケホーダイプラン」では、スマートフォン・タブレット端末が月額2700円、従来型携帯電話(ケータイ)が月額2200円の定額で、通話時間や回数の制限なしで国内音声通話を利用できる。5月15日に予約受付を開始し、5日間で予約が50万件に達した。正式スタートの後、6月10日に300万件、約1か月後の7月5日に500万件と、契約数は順調に増えている。7月6日時点の契約数は約510万件。

音声通話定額サービスの導入と同時に一新したデータ通信プラン(パケットパック)を契約せず、「カケホーダイプラン」だけを契約することもできる。その場合、データ通信は従量課金となる。タブレット端末やモバイルWi-Fiルータなど、データ通信だけを利用する場合は、「カケホーダイプラン」ではなく、デバイスに合わせて月額1700円または1200円の「データプラン」から選ぶ。

ドコモは、新料金プラン「カケホーダイプラン&パケあえる」の提供に合わせて、継続利用年数と契約したパケットパックの種類に応じてパケットパックの利用料金を毎月300~2000円割り引く新たな割引サービス「ずっとドコモ割」を開始した。利用年数16年以上のユーザーが最も安い上限2GBのデータ通信プラン「データSパック」を契約した場合、「ずっとドコモ割」(600円)の適用によって、月額料金は通常の6500円(カケホーダイプラン2700円+データSパック3500円+spモード300円)より600円安い5900円となる。

ドコモは、「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン契約数500万件突破を記念して、ドコモのLINE公式アカウントを「友だち追加」した人を対象に、新たなLINEスタンプを7月7日~9月28日の期間限定で無料配信する。

・期間限定LINEスタンプをダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング