約5.8インチの有機ELディスプレイを搭載した「Galaxy S9」

サムスン電子ジャパンは、au2018年夏モデルとして、カメラ機能を強化した最新スマートフォン「Galaxy S9 SCV38」「Galaxy S9+ SCV39」を5月18日に発売する。

SNSがもっと楽しめる!

「Galaxy S9/S9+」はカメラ機能を大幅に強化。カメラが自動で被写体の動きをモーション検出し、約0.2秒の瞬間を約6秒かけて表現する960fpsの「スーパースローモーション撮影」機能や、セルフィー撮影するだけで自分そっくりのアバターが作成され、SNS上での楽しい表現が可能な「AR絵文字」機能など、SNSを中心とするビジュアルコミュニケーションを強く意識した新機能を盛り込んだ。

Galaxy史上最も明るいF値1.5のレンズを備えたメインカメラは、暗い場面でも鮮やかに撮影できるほか、光量を自動で判断してレンズの絞り(F値)を切り替える「デュアルアパチャー」機能によって、暗い場所ではF値1.5モード、明るい場所ではF値2.4モードに自動で切り替わってピントや光量を最適化する。

屋内外問わず、視認性に優れる、解像度1440×2960、Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用。フレームを極限まで削ぎ落とし、大画面ながらスリムで持ちやすいデザインに仕上げた。また、音響メーカーのAKG監修によるステレオスピーカーを搭載し、臨場感のあるサウンドを楽しめる「Dolby Atmos」にも対応している。

セキュリティ面では、指紋認証に加え、顔認証と虹彩認証を組み合わせた「インテリジェントスキャン」で環境に合わせて最適な方法でロックを解除できる。さらに、「マイナンバーカード」の電子証明書の読み取りにも対応した。

「Galaxy S9+」は、約6.2インチSuper AMOLEDディスプレイと、光学2倍ズーム・光学手ブレ補正機能でズームしてもブレの少ない撮影が可能な望遠と広角のデュアルカメラを搭載する。サイズは幅74.0×高さ158.0×奥行き8.5mmで、重さは約187g。カラーは、ミッドナイトブラック、チタニウムグレーの2色。

「Galaxy S9」は、約5.8インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載する。サイズは幅69.0×高さ148.0×奥行き8.5mmで、重さは約161g。カラーは、チタニウムグレー、ライラックパープル、ミッドナイトブラックの3色。

なお、5月18日~31日の期間に「Galaxy S9/S9+」を購入し、6月10日までに応募すると、置くだけでワイヤレス充電できるスタンドタイプのワイヤレス充電器「Wireless Charger Stand」をもれなく全員にプレゼントするキャンペーンを実施する。

純正アクセサリ・周辺機器も同時に発表

同時に、ケースなどの純正アクセサリ、PC用ディスプレイや家庭用テレビにHDMIで接続すると対応スマートフォンをデスクトップPCのように操作できる「DeX Pad」、ワイヤレス充電器「Wireless Charger Stand」を5月18日に発売する。

「DeX Pad」は、1600×900、1920×1080、2560×1440、オートの4種類から解像度を選択でき、最新モデル「Galaxy S9/S9+」のほか「Galaxy Note8」「Galaxy S8/S8+」に対応している。

「Wireless Charger Stand」は国際標準規格「Qi」に対応し、Galaxyシリーズをはじめ、Qi規格に対応した機器をワイヤレス充電できる。急速充電対応機種では、通常より短い時間で充電可能。カラーはブラック、ホワイトの2色。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます